副業フリーマーケットで稼ぐ

副業でフリーマーケットを始める方が増えています。フリーマーケットに関する内容をまとめてみました。

フリーマーケット概要

フリーマーケットとは

フリーマーケットとは、個人が不用品を出品し、個人のお客に売りさばくことのできる自由(フリー)なお店の集まりです。フリーマーケットそのものは、特にルールはありませんが、会場別に主催者がルールを設けています。

例えば・・・

  • 不用品以外は出品禁止
  • 出店手数料が出品する商品により異なる
  • 拘束時間がある。(途中退出不可など)
  • 免許証などの掲示が必要
  • 食べ物など扱う場合、許可証の掲示
  • 業者はお断り

フリーマーケットの主催者の連絡先は、インターネットなどで調べれば、関連のホームページに載っていますので事前にチェックしておきましょう。少しでも不安な場合、フリーマーケット当日までに電話やメールなどで、問い合わせてみましょう。

フリーマーケットの開催情報を記載しているサイト

フリマガイド
フリーマーケットへ行こう!(フリマ開催情報)

売りやすいお店作り

お店を持ったことの無い個人が、不用品を集めて売りさばくわけですが少しでも多くの不用品を売りたいですよね。その為には、1つ1つ値段をつけておくことです。もしくは、この箱の中は、すべて100円などと記載し均一にするのも、ひとつの手段であります。

フリーマーケットの暗黙のルールですが、表示価格から値下げ交渉されるのが当たり前です。300円と表示しても、250円!200円!にまけてください!と言われることは、フリーマーケットのお約束ごとみたいなものです。あまり、値下げに応じまくって出店手数料や、会場までの交通費、食費分を稼げなくなってしまうのは注意しましょう。

事前チェック事項

フリーマーケットに出店するにあたり、事前にチェックしておきたい項目があります。

  • 時間
  • 出品していい商品
  • 出店手数料
  • 会場のトイレ
  • 車の場合、車を止めるところ
  • 会場まで車で乗り入れ、そのまま車ごと出店できるのか

など、ホームページや直接問い合わせるなどして、確認しておきましょう。

当日、おつり不足にならないように、10円、50円、100円、1000円札はできるだけ多めに用意しておきましょう。小さい物で高額商品は、盗難防止に、出店の際には自分の側に置いておきましょう。

そして必ず、2人以上で参加し、1人がトイレに行っている間はもう1人が店番をするなどし、盗難防止をおこなってください。1人で出店し、トイレなど行っている間に商品が盗まれてしまうことはよくあります。

ネットで仕入れてフリーマーケットで販売

インターネットでは、業者向けの問屋もあります。その1つに、NETSEAがあります。個人でも購入することができます。フリーマーケットで売れそうなものを選別し購入し、フリーマーケットで販売するのも良いかもしれません。利益が出るように、ある程度の金額で売らなければならないので、金額設定が難しいです。またフリーマーケットは、格安の不用品を求めて来る買い物客が多いので、新品の商品だと、物によってはあまり売れないかもしれません。

フリーマーケットで買って、ネットで売ってみる

フリーマーケットでは、個人様のお店なので、買う側として参加しても、十分にお小遣い稼ぎはできます。ほとんどの場合は、個人の処分品を破格の値段で販売しているので、フリーマーケットで安く仕入れて、ネットのオークションに転売し、稼いでいる方もいらっしゃいます。

注意事項

基本的なことですが、マナーを守りましょう。商品に関する質問、値下げ交渉は丁寧な対応にしましょう。丁寧な対応をすることで、交渉もうまくいくかもしれません。

300円程度のものを買うときは、1万円札ではなく、小銭を準備しておきましょう。出店する側も小銭は準備しますが、その日の状況次第で、小銭が尽きてしまう場合があります。2000円の物を買う時でも100円玉20枚とかの方が、喜ばれます。

小技

他の購入者や出店している方に、近くでお勧めのフリーマーケットの情報を入手することも重要です。お勧めは、比較的規模の多いところが良いです。規模が小さいと、売っているものも少ないので、行くだけで損になってしまうかもしれません。

あとフリーマーケットで購入者側として行くならば、開始時間前に会場入りすると良いです。なぜなら、良い物からどんどん売れてしまい、後半はほとんど良い物は残っていません。

さいごに

フリーマーケットは、買う側でも売る側でも稼ぐことができるのが魅力ですね。お小遣い稼ぎで、家の不用品を売ってお金にしてみてはいかがでしょうか。フリーマーケットの販売ノウハウも身に付きますし、一石二鳥になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました