株式投資、FXで稼ぐ

株式投資

インターネットの普及に伴い、誰でも上場企業の株を簡単に購入できるようになりました。株を購入する場合、株取引専用の口座を開設します。各証券会社のホームページより、資料請求ができますので早速申し込みをしてみましょう。

下の写真は、スマートフォンで楽天証券のアプリの画面です。

楽天証券

楽天証券

楽天証券のアプリで、年間の損益の結果を出力している画面です。

楽天証券(損益)

楽天証券(損益)

登録の流れ

資料請求をすると、証券会社から申込書が同封された郵便物が届きます。必要事項(住所、氏名、電話番号など)を記入し、印鑑を押して、身分を証明できるものの(住民票もしくは免許証のコピーなど)を同封し、返送します。

3~4日以内に、証券会社から、取引用のIDとパスワードが送られてきます。ウェブブラウザからログインし、取引開始となります。登録の流れはどこの証券会社もほぼ同じような流れになっています。デジカメで撮影したものをメールで添付する場合もあるようです。

証券口座を開設する際に、一般口座と特定口座(徴収有りor無し)があります。特定口座(徴収あり)で取引すると、確定申告の際に、苦労せずにすみますので登録の際には、特定口座(徴収あり)で登録してください。

取引概要

午前は9~11時半、午後は12時半~15時まで取引ができます。株を買って、高くなったら売るという方法で差額分が利益になりますが手数料が引かれるので、その分を考慮し、売買を行ってください。

5000円で買った株を、6000円で売る場合、利益は単純に6000円-5000円=1000円と思うかもしれませんが、証券会社の選択している手数料コースによっては、手数料が発生しますので売却益(=1000円)がすべて利益になるわけではありません。

買ったときと売ったときにそれぞれ手数料が発生します。手数料が1000円を超える場合は、5000円で買って、6000円で売っても利益にはなりません。

手数料は証券会社によって異なります。また発生する手数料の条件もことなります。条件とは、10万円以下の株を取引した場合、手数料は発生しませんとかその日に取引した株の売買代金の合計で手数料が決まる場合など様々です。近年では、手数料を無料にする証券会社もでてきました。

上場している企業は3000社あります。どの会社の株を買うか、四季報という会社の情報をひと目で見ることのできる本が書店で売っています。是非一度見てみてはいかがでしょうか?

投資情報を参考に

ウェブ上では株式投資に関するアドバイスを有料サポートする企業もあります。証券口座を開いたが、どうしたら良いか、どの株をどの時期に買えば良いのかわからない場合は、こういったサービスを利用してみるのも良いでしょう。

新興市場ドットコムは証券会社、運用会社で20年以上、成長企業の調査をしてきたプロのアナリストが厳選、高成長を続ける会社の株式投資情報を低価格で提供。投資のアドバイスにより、あなたの株式投資の高い投資収益を目指し、強力にサポートします!

お勧めの証券会社は?

これから株式投資を始めようと思っている方で、少額資金10~50万くらいから始めるなら、手数料が比較的安い証券会社が良いです。DMM証券では、取引手数料、口座維持手数料、出金手数料が無料になっています。

【PR】全銘柄の取引手数料が0円の【DMM CFD】

FXで稼ぐ

若い世代から、年配の方まで幅広い年齢層の方たちが、副業としてFXをやっています。インターネットの普及に伴い、自宅のパソコンや携帯端末から取引できるようになり、また小額での取引も可能になったことで、FX人口が、年々増えています。

楽天FX

そもそもFXって??

FXとは『外国為替証拠金取引』のことで、アメリカのドル、ヨーロッパのユーロ、ニュージーランドのドル、アフリカのランドなどなど、様々な通過を簡単に買ったり売ったりすることができます。

例えば、アフリカランドを10000ランドを、9円で購入します。10000ランドを10円で売った場合、1ランドあたり1円の利益なので、10000ランドで、10000円の利益になります。

株式投資と違い、取引できる時間帯が広いです。基本的に土日以外、年末年始以外は、取引が可能です。また早朝でもお昼でも深夜でも取引は可能です。

小額でできるワケ

FXでは最低購入ロットが、FX業者により設定されています。米ドルはだいたいどこのFX業者でも10000ドルと決まっています。例えば98円で1ロット(10000ドル)を購入する場合、98×10000=980,000円が必要になります。98万円なんて簡単に用意できませんよね?そこでFX(外国為替証拠金取引)では、証拠金つまり担保を預けておき、そのかわり安く買うことができるシステムです。

あるFX業者で『米ドルを10000ドル購入するには、25000円の証拠金が必要です』と掲示してある場合、手元の25000円で10000ドルが購入できます。しかも、98円で買い、101円で10000ドル売れれば、30000円の利益になります。手元の25000円だけで大きな取引を行い30000円儲けることができます。ただし、その逆もあります。整理すると、必要最低証拠金分だけ用意できれば、購入できるわけです。必要最低証拠金は、業者と通貨によって異なってきます。

誰でもできるの???

基本的に誰でも取引はできます。取引するためにFX用の口座を開設しなければなりません。口座開設にあたり、審査があります。業者によっては、正社員で働いていない場合は、審査をパスできない、無職でも余裕資金での運用が目的なら審査をパスさせるなど、業者によって異なります。

FXの魅力

少ない資金から初めて、コツコツ利益を積み重ねて、1億稼いだ人もいます。1億円までとは、ほど遠いですがFXで儲けて家を建てた、車を買ったなんていう人はゴロゴロいます。もちろん儲かるばかりではなく、時には損したりなんてこともありあす。必ずしも儲かるわけではありませんが、余裕資金がある方は、資産運用のためにFXに挑戦してみてはいかがでしょうか。

手数料は?

業者によっては1回の注文が成立(約定)した場合、手数料分をひかれたりする場合がありますが、最近では手数料を取らない業者も増えてきました。また口座維持手数料が必要な業者もあるので、FX口座をはじめて開設する場合は、口座維持手数料が無料、注文時の手数料無料のFX業者で口座を開設すると良いでしょう。

お勧めなFX業者は?

スマートフォンでも申し込みができ、30分程度で、申し込みが完了できるので、DMMがお勧めです。

【PR】【DMM FX】口座開設のお申込みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました