ハンドメイドを作って、販売して稼ぐ

ハンドメイドとは手作りのことを言います。自分で作った雑貨や衣類などを販売することができます。資格や免許などは必要ありません。ハンドメイド品の販売は、専業主婦や子育て中の主婦の方だけではなく、男性の方にも人気があります。

作ったハンドメイド品を、フリーマーケットに持って行って売るのも良いですし、インターネットオークションに出品してみるのも良いでしょう。オークションサイトなら多数のユーザが閲覧するので注目が集まり予定の販売額以上の値段がつくこともあります。

ヤフオクでハンドメイド品を売る

ハンドメイド品を売るとしたらやはりヤフオクでしょう。ネット環境と時間に余裕があればヤフオクで販売するのが一番です。ハンドメイド初心者の方は特にお勧めです。

過去にヤフオクで、どのようなハンドメイド品がいくら位で落札されているのか、調べることができるサイトがあります。ヤフオクとシステムを提携しているオークファンというサイトです。無料会員登録にて、過去の相場検索が可能になります。「ハンドメイド」と検索すると、過去にどのような商品が、いくらで取引されているか確認できます。
オークションの落札相場ならオークファン登録

フリーマーケットでハンドメイド品を売る

フリーマーケットで出品する場合、より多くのユーザが訪れる会場に出品してみましょう。お客が少ない会場ですと出展料をやっと稼ぐくらいの売上かそれ以下になってしまい赤字になってしまうケースがあります。価格のつけ方は、売りたい価格より高めに設定しておき、興味のありそうな客が来たら、少し安くできることを伝えて売ってみるのも一つの手です。
フリーマーケットで副業 | 副業入門 (jp-free.net)

ハンドメイド専門サイトでハンドメイド品を売る

インターネット上でハンドメイド品を取り扱うショッピングモールのようなサイトはいくつもあります。そのようなサイトで出品してみるとハンドメイド好きのお客がいっぱいいますので、買い手がつきやすいです。

ハンドメイド専門のサイトのminneです。

自分でネットショップを開設し、ハンドメイド品を売る

近年、個人でネットショップを開設される方が多くなりました。そこでハンドメイド品を販売するさいに、登録料などすべて0円でショップを開設できるシステムが生まれました。200万店舗突破のBASEです。登録に関する注意などを、1つの記事としてまとめてみましたのでご覧ください。ネットショップに興味のある方は、是非一度、ショップ運営を体験してみてはいかがでしょうか?

ネットショップで物品を販売して稼ぐ | 副業入門 (jp-free.net)

レンタルBOXでハンドメイド品を売る

インターネットではなく、実店舗での販売でハンドメイド品を売っている人もいます。レンタルBOXと言われる、月額手数料を支払い、お店の一部に置いて商品を置かせてもらい、販売する方法もあります。

その場合、売上の数%は手数料として徴収されることが主流のです。販売、営業、代金回収はお店のスタッフが代行してくれるので、忙しい人にとっては、魅力的なサービスです。

材料を安く仕入れる

ハンドメイド品を作って儲けるには材料を安く仕入れ、効率よく商品を作り、大勢の人が集まる場所へ出品です。材料の仕入れに関する内容を説明していきます。

ハンドメイドの材料として、生地など手芸関連の材料が必要になります。ではどこで安く仕入れるのか?ハンドメイド専門のお店に行けばより多くの商品を扱っていますが専門店だけに値段が高いことが多いです。仕入れ値が高いと、それだけ利益率が低くなってしまいます。

安く買うには、アウトレット系のショップで買うのが一番お得でしょう。もしくは、サンキしまむらなど大手の衣料品の量販店で買うのも良いです。

インターネットで生地を買うのも良いのですが実際に目で見て手で触って確認できないので、あまりお勧めはできませんが、実店舗より安く購入できることがありますので、是非探してみてください。楽天市場やヤフーショッピングなどのネット通販で安く売っている場合があります。送料が安いもしくは送料が無料の商品を選ばないと高くついてしまう場合があるので注意が必要です。

楽天市場にて材料を探す

楽天市場には、数多くのお店が出店しています。その中から自分にあった材料を探してください。下記には、一部ですがハンドメイドの生地を扱っているお店の商品にリンクしています。値段や量は、使う人によって違うものです。是非探してみてください。
楽天市場のアドレス ⇒ ハンドメイドの材料を楽天市場で探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました